当事務所のサービス対応エリアは、千葉県内の富津市・館山市・南房総市・鴨川市・鋸南町・木更津市・君津市・袖ヶ浦市ですが、これ以外の地域のお客様でもご要望があれば積極的に対応させて頂きます。

 

☆無料サービス☆ 現在、上記のサービス対応エリアに限定して、訪問による事務所説明を行っております。

 

  当事務所では、各種診断書サービスも行っております。

  なお、当事務所にお越し下さったお客様には、ご希望により無料でマネージメントパワー診断を申し受けます。

      

ごあいさつ

 

 こんにちは 税理士の佐藤信行です。

 

 良く税理士事務所は敷居が高い、税理士はいつも難しい顔をしていてとっつき難い、などという声を聞きます。

 

 ご安心下さい!

 

 私が税理士事務所に勤務していた頃は、絶えずお客様の事業所に訪問していましたので、お客様とお話する機会を大切にしておりました。

 お話しの内容もそんなに堅苦しい話ばかりでなく、世間話しが半分以上だったような気がします。多分、皆様が想像している税理士とは全く異なるタイプかも知れません。

 最近、お客様に「先生!」と呼ばれることが多々ありますが、先生と呼ばれると何故かお客様との距離を感じてしまいます。

 私を呼ぶときには先生と呼ばず、是非「佐藤さん」と呼んで下さい。

 

 会社の経営について、これが正解というような画一的な答えは存在しません。

 また、同じ業種であっても地域や時代が違えば戦略も変わるのが商売ではないでしょうか?

 これから私と一緒に会社の経営について学んで行きましょう。

 

 

税理士の選び方

 

1.紹介がベスト

 

 何といっても税理士選びのベストは、知人経営者からの紹介です。

 この場合に紹介する知人は自分が顧問契約を結んでいる税理士を紹介します。当然といえば当然なのですが、その税理士のサービスに満足しているから紹介するのです。

 知り合いに経営者が居る方は、その知り合いに良い税理士は居ないか?訊いてみてください。そのお知り合いが今の税理士に満足していれば、喜んで貴方に紹介してくれるでしょう。

 

 でも・・・

 折角このホームページをご覧になっているのですから、まず私にお問い合わせして下さい。 

 

2.税理士選びは慎重に・・・

 

 税務や会計のプロである税理士は、経営者には分からない税務の代理や記帳の代行、経営に関する相談やアドバイスを一手に引き受け、時には同じ経営者としての悩みを打ち明けたりと、ともすれば孤独になりがちな経営者にとって一番身近な存在となりうる職業ではないでしょうか。

 そんな経営者のパートナーとなるべき税理士選びは慎重に行うべきだと断言します。

 そもそも選ぶ基準をどこに置くかによっても、税理士選びは全く異なったものとなり、単に価格だけを求めるのであればネット上にいくらでも安価な広告を出している税理士がおりますので、そちらから選ぶ方法も有りだと思います。

 ただ安かれ悪かれでは困るという経営者の方には、複数の税理士と比較検討してから顧問契約を結ぶことをお薦めします。

 

 当事務所は価格では勝負致しませんが、こちらが当事務所の標準報酬です。

 

セールスポイント

 

 税理士にも得意分野、不得意分野があったりします。

 違った表現をすれば経験が豊富な業務、これまで関わったことのない業務、若しくは経験が少ない業務があるのも事実です。

 

 ここで私のセールスポイントを箇条書きしてみましょう。

1.複数の税理士事務所に25年以上勤務

2.記帳代行型の関与形態を熟知

3.法人決算で重要な税法の法人税法及び消費税法を税理士試験で合格

4.個人確定申告での豊富な実務経験

5.税務調査の立会及び税務当局との折衝も経験豊富です。

6.資産税では実務経験も大切ですが、その根拠となる税法知識が必要です。相続税法を税理士試験で合格

7.相談業務も多数経験あり

8.チャレンジ精神旺盛で、歳の割りにIT化策としてペーパーレス事務所を目指しています。

9.NPO法人、医療法人社団、個人歯科医及び調剤薬局などの医療・介護系も得意分野です。

10.最近は創業融資などの制度融資申請のサポート業務も積極的に行っております。(事業計画書・事業改善計画書作成及び申請時随行など)

 

新着情報

☆会社の役員借入金にかかる相続税課税とその対策 H28.1.14 up

1.会社で社長からの個人借入金が沢山ある場合(以下、「役員借入金」と呼びます)

会社が事業を行う場合には、資金が必要です。その資金の原資となるのが会社設立当初の資本金なのですが、実際に事業を行うと当初の資本金だけでは資金が十分でないことがほとんどです。そのため起業して数年経つと金融機関から融資を受けたり、または社長からの役員借入金で一時的に資金調達する場合があります。

このような中小企業では、当初一時的な資金調達のために借りた社長からの役員借入金が長期化する傾向にあります。また、その後その役員借入金がどんどん増えていく場合もあり、最終的には会社に役員借入金が残ったままになることもしばしばです。

会社経営にあたっては一見便利に見える役員借入金ですが、これを放置しておくと将来多額の相続税を払う必要が生じることもあります。

2.役員借入金は相続財産

役員借入金は会社では債務に過ぎませんが、社長にとってみれば会社に対する貸付金であり債権なのです。この債権は社長が亡くなった場合には、社長個人が有していた相続財産となります。

会社に対する貸付金が相続財産であることに気づかず、現金預金・有価証券・不動産の所有状況から相続税は掛からないと考えていたら大きな間違いです。また、役員借入金は会社が資金繰りに窮して出来たものである性格上、社長がお亡くなりになった時(以下、「相続発生時」と呼びます)に会社から返済して貰えるとは限りません。他の相続財産に現金預金があれば良いのですが、無ければ相続税を納付するお金が手元に無いことも十分考えられます。

3.会社での役員借入金対策

これまで述べたように会社で多額の役員借入金を放置していると、相続発生時に思わぬ相続財産を抱えていることに気づき、多額の相続税が生じる可能性があります。この役員借入金をどのように減らしていくべきか考えていこうと思います。

①役員報酬を減額し、役員報酬の減額分を役員借入金の返済に充てる

社長に対する役員報酬の支払状況にもよりますが、支払う役員報酬が高額な場合なら、役員報酬の一部を減額し、その役員報酬の減額分を役員借入金の返済とすれば、社長に対する支払額は変わらず支払う名目が変わるだけなので、会社資金繰りもこれまでと変わらないというメリットがあります。ただ注意すべきなのが役員報酬を減額した分だけ経費が減る訳ですから、その分会社の利益が増えることになり、法人税等の負担が増えることに繋がります。

②役員借入金を社長の親族に贈与する

役員借入金という社長個人にとっては会社に対する貸付金を社長親族に贈与することで相続財産を減らす方法です。贈与税には暦年課税と相続時精算課税というものがありますが、ここでは暦年課税についてお話しします。贈与税の暦年課税とは毎年1月1日から12月31日までの期間を一暦年として、この期間に贈与した財産の累計額によって贈与税額を計算する方法で、一暦年に110万円の基礎控除額があり一暦年で110万円までの贈与なら贈与税は課税されません。

つまり社長の貸付金を贈与するにしても毎年110万円以下なら贈与税の課税を受けないで済むということになります。ただし、毎年同時期に同じ金額の贈与を繰り返すと連年贈与とみなされ折角数年に分けて贈与したものが一時に贈与したものとみなされる場合がありますので注意が必要です。

③役員借入金を放棄する(会社にとっては債務免除してもらう)

これは社長の役員借入金を免除してもらう訳ですから、会社では免除してもらった役員借入金は債務免除益として免除して貰った事業年度の収益に計上されるととなります。

この場合、元々利益が出ている事業年度に債務免除益を計上すると、その収益が増えた分だけ法人税等の負担が増えることになり、得策ではありません。会社としては損失が発生している事業年度若しくは税法上の繰越欠損金を有する事業年度に、その損失若しくは繰越欠損金の範囲内で債務免除益を計上することで法人税等が課税されませんので、損失若しくは繰越欠損金を有する事業年度に行うことをお薦めします。

④最後にこれを出来れば苦労しない方法

会社に余裕資金がある場合は、その余裕資金の範囲内で役員借入金を返済して下さい。

金融機関から融資が受けられる場合は、有利子ではありますが融資を受けて、その借入で役員借入金を返済して下さい。

☆設立事業年度から使える所得拡大促進税制! H27.12.3 up

以前「期間限定だけど節税に使える所得拡大促進税制」という記事をH25.7.10に掲載しましたが、その後の税制改正により「所得拡大促進税制」の適用要件のハードルが下がり、さらに使いやすくなりました。

なお、新設法人の設立事業年度から利益及び法人税額が出て、従業員及び給料支払額がある場合には、設立事業年度の法人税額から必ず税額控除額があります。

翌事業年度以降では利益及び法人税額が出て、所得拡大促進税制と雇用促進税制の各々の適用要件を満たす場合には、両制度のいずれか有利な方を選択適用することができますが、雇用促進税制はハローワークに前もって雇用促進計画を提出しなければならないなど手続が煩雑なため、その適用には注意が必要です。以下、各々の制度の概要を記載します。

《所得拡大促進税制》

1.制度の概要

基準年度と比較して一定割合、国内雇用者に対する給与等支給額を増加させた場合、当該支給増加額の10%を税額控除(法人税額の10%(中小企業者等は20%)を限度)できる制度です。

2.適用要件

青色申告法人で、以下の要件を全て満たすこと

①基準年度と比較して(※1)5%以上給与等支給額が増加

(※1)平成27年4月1日より前に開始する事業年度については2%、平成27年4月1日から平成28年3月31日までの間に開始する事業年度については3%

②給与等支給額の総額が前事業年度以上

③平均給与等支給額が前事業年度を上回る

3.適用期間

平成25年4月1日から(※2)平成30年3月31日までの間に開始する各事業年度

(※2)改正で平成28年3月31日までだったものが平成30年3月31日まで2年間延長されました。

4.手続

別表6(二十一)に必要事項を記載して申告書に添付します。

(注1)基準年度とは、平成25年4月1日以後最初に開始する事業年度の直前事業年度をいいます。

(注2)国内雇用者とは、法人の使用者(法人の役員及びその役員の特殊関係者を除く)のうち国内事業所に勤務する雇用者をいう。

(注3)給与等支給額とは、各事業年度の所得の金額の計算上損金の額に算入される国内雇用者に対する給与等の支給額をいう。

5.この制度の注意すべき点

①この制度の対象期間内の新設法人でも適用を受けることができます。

②この制度は雇用促進税制とのいずれか選択適用となりますので、雇用促進税制の適用を受ける場合には所得拡大促進税制の適用を受けることはできません。

③個人事業主の場合も所得税での適用が可能

《雇用促進税制》

1.制度の概要

適用年度において雇用者増加数5人以上(中小企業は2人以上)で雇用増加割合が一定以上の場合は、雇用増加数1人当たり40万円の税額控除(法人税額の10%(中小企業者等は20%)を限度)が受けられます。

2.適用要件

青色申告法人で、以下の要件を全て満たすこと

①適用年度とその前事業年度に事業主都合による離職者が居ないこと

②適用年度に雇用者(雇用保険一般被保険者)の数を5人以上(中小企業者等の場合は2人以上)、かつ、10%以上増加させていること

③適用年度における給与等の支給額が比較給与等支給額以上であること

④風俗営業等を営む事業主でないこと

3.適用期間

平成23年4月1日から平成28年3月31日までの間に開始する各事業年度

4.手続

①適用年度開始後2ヶ月以内にハローワークに雇用促進計画を提出

②適用年度終了後2ヶ月以内にハローワークに雇用促進計画の達成状況の確認を求める

③ハローワークが②の確認を行ったうえで雇用促進計画を事業主に返送する

④別表6(十八)に必要事項を記載して、雇用促進計画の写しと共に申告書に添付します。

5.適用除外

次の事業年度については、雇用促進税制の適用はありません。

①設立事業年度 ②解散事業年度 ③清算事業年度


 ☆会社解散・清算の税務 H26.6.11 up

    詳細をみる・・・

 ☆書面添付制度のメリット&デメリット H26.6.11 up

    詳細をみる・・・

 ☆期間限定だけど節税に使える所得拡大促進税制~ H25.7.10 up

  詳細をみる・・・ 

 ☆平成25年度税制改正のポイント~ H25.4.17 up

  詳細をみる・・・

 ☆只今、飛び込みの確定申告も受付中~  H25.3.1 up

  詳細をみる・・・

 ☆NPO法人経営者様へ~  H24.9.20 up

  詳細をみる・・・

 ☆各種診断書サービスを開始~  H24.9.20 up

  詳細をみる・・・

 ☆消費税~95%ルールに5億円基準が新たに設けられました。~  H24.9.7 up
  詳細をみる・・・

 ☆法人の減価償却制度~定率法の償却率が200%に引き下げられました。~  H24.9.7 up 

  詳細をみる・・・

 

*詳細についてのご質問は、電話・メールなどでお気軽にご連絡下さい。 

   当事務所では、ご相談があれば上記以外の改正についても親切・丁寧にお答えいたします。

 

お電話でのお問い合わせ

TEL:0439-67-2311

(受付時間AM9:00~PM17:30)